当社の強み

  • サインの役割
  • サインの種類
  • FAQ よくある質問
  • 失敗しない業者選び
  • 事例紹介
  • 求人情報

POINT.1信頼のノウハウとスピーディな対応

当社は創業48年の老舗看板製作会社として、他社に負けない2つの強味があります。
1つ目は、看板製作のノウハウ。長きにわたり業種もご要望も様々なお客様と向き合ってきたため、経験を活かしてあらゆるご要望に柔軟な対応ができます。
2つ目は、企画から施工までのスピード。培った知識をもとに、企画から施工までをワンストップで行うため素早く作業することが可能です。お急ぎでのご依頼にも、その時できる限りのプランを提案させていただきます。

POINT.2長年持ちつづけているチャレンジ精神

いくら私たちの経験が豊富といえども、それが看板製作の全てではありません。現に、時代のニーズは日々変化しています。
富士は、もしお客様から過去に前例のないご要望をいただいたとしても、すぐに断ったりできないと決めつけたりせずにチャレンジ精神を持って取り組みます。それが、新たな経験とノウハウの構築にも繋がるからです。
「既存の看板をもっと立体的にしたい」「とにかく斬新な看板をつくりたい」など、ご意見・ご要望がありましたら、ぜひご相談ください。前向きに取り組んでまいります。

POINT.3『何でもやってみる』

看板は、お問い合わせや売上など費用対効果をもたらした時に初めて、つくった意味が生まれます。
結果の出る看板をつくるためには、製作側が常に的確なターゲティングやアイデア、スキルを発揮できなければなりません。更に、そうしたスタッフを育むためには、富士がスタッフ一人ひとりの人間性や個性を尊重し、磨いていくべきだと考えております。それは、看板および広告物が、人によって人のためにつくられる物だからです。良いスタッフがいるから、良い看板が生まれます。富士は、看板製作に携わるスタッフの人間力向上に取り組んでいます。

POINT.4法令と安全を順守しています

看板設置について、近年は全国各地で厳しい条例が設けられています。
業者も、用途に応じて地域の基準を守ることは簡単ではありません。
しかし、全国での看板制作に長年の経験と実績を持つ富士なら大丈夫です!
各都道府県・市区町村基準に合わせ、企画段階からプラン設定まで、トータルでご提案いたします。
「安全ミーティング」「危険予知(KY)ミーティング」も日々実施し、安全意識を積み重ねております。

CHECK!失敗しない業者選び

  1. 詳細なお見積りを出さない業者は避けましょう
    提出される見積書は、信頼に足りる業者かどうかを見分けるために有効な書類です。NGな見積書とは、大雑把な内訳・合計金額が出されている物。後にうまく追加料金を請求されてしまう場合があります。契約時には必ず「変更が生じる場合には、必ず施工前に連絡をください」と念を押しておきましょう。
  2. 大幅な値引きをする業者は避けましょう
    例えば提出された見積りが高く、予算オーバーだと伝えた時に、すぐさま業者が大幅に値引きをしてきたら注意しましょう。予め高額な見積りから割引をすることでお得感を出している場合や、良心的に減額したように見せて材料費などのコストを削減し、粗悪な看板がつくられてしまう場合があります。
  3. 屋外広告業登録済業者であることを確認
    前提として、看板の正式名称は「屋外広告物」、製作・施工することは「屋外広告業」といわれます。その屋外広告業を行うには、市区町村の許可が必要となっています。そこでにわかには信じがたい話ですが、稀に、無登録で看板製作・施工を行っている業者があります。依頼前には必ず、「屋外広告業登録済証」を持っていることを確認しましょう。